【高性能】Android7.1を搭載したAnker Nebula Capusuleがアツい!




今回の記事では、最新ガジェットの「Anker Nebula Capsule Pro」についてお伝えします。

Ankerは、350ml缶と同サイズで最大100インチの迫力ある映像を映し出す
高性能プロジェクター「Anker Nebula Capusule」を発売しました。

このプロジェクターは、2017年秋にクラウドファンディングサイトの「Indiegogo」で
約5000人の支援者から総額1.4億円も集めた話題の製品です。

今回、満を持してAmazon japanで発売が開始されました!

Anker Nebula Capsuleとは?

巷にはたくさん小型のプロジェクターがありますが、結局この製品は何だ?
っていう方に、まずは動画をご覧ください。

動画からもわかるようにかなりシャープな見た目の素敵なプロジェクター!

ベアたろ
かかなりコンパクトだね!普通に自販機から出てきちゃいそう

ACアダプターみたいなのは付いていないから、どんな場所にも持ち運びOK。

家で映画やYOUTUBEをみたいときも、オフィスでプレゼン資料を投影したい時も、
どんな時でも、どんな場所でも「壁さえあれば」問題なしです!

そしてなんと350ml缶と同じサイズで、しかも360度スピーカーを搭載。
プロジェクターとして使用する以外に、スピーカーとしても使えて2度美味しいですね。

Anker Nebula Capsule/ Proの性能とスペックは?

なんとこの製品、実はAndroid7.1を搭載しています!

ベアたろ
え? プロジェクターにAndroidって必要なんかいな?

必要なんです!

なぜならこの製品単体で「Netflix」、「YOUTUBE」、「Amazonプライム」
そして「TED」まで見ることができるんです!

くまたろ
いつでもどこでもスマホなしで動画見放題ってのが魅力ですね。
もちろんプロジェクターとして必要なミラーリング機能や
HDMIでの接続、USBでの接続も可能です。

その駆動時間はWi-Fi接続時で3時間。
Bluetooth接続で音楽再生の場合は30時間。

映画も1本見れるし、音楽も1日半流しっぱなしにできるという長持ちさです。

解像度は854×480で、輝度は100ANSIルーメン
重さは470gとペットボトルよりも軽いようです。

なんと18年8月には、Nebula Capsule Proという、明るさが1.5倍の150ANSIルーメンになり、メモリーと記憶容量が倍増して、2GBのRAMと16GBのROMを搭載した上位モデルが発売されました

持ち運びできるから充電は必要みたいですが、約2時間半で完了するとのこと。

Anker Nebula Capsuleの気になるお値段は?

ズバリ・・・ 通常モデルで、税込39,800円!
上位モデルで、税込42,800円!(Amazonでは、44,800円でした)

ベアたろ
なにこの絶妙な価格の違い!3,000円しか変わらないじゃないの!

普通のプロジェクターでもこれより高いものは結構ありますが
どちらもAndroid 7.1搭載の高性能プロジェクター+360度スピーカーなので

優れものガジェットとしては十分買いなのではないでしょうか!

日本で発売したばかりなので、実際の使用感がわからない・・・
と言う方もいる方と思うのでレビュー動画を載せておきます。

音質も結構良くて、実は映像の画質は480pくらいらしいですが、
実際に投影している映像をみて見ると十分綺麗ですね。

ベアたろ
想像よりもちゃんとプロジェクターしてて、なんか良いね

また自動の角度調整があるようで、傾きに応じて画面の比率を変えてくれるみたいです。

総じていい商品のようなので、
気になる人は検討してみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

くまたろ

CM制作会社・ゲーム系スタートアップを経験し、大手IT企業に転職。広告ITプランナーとして働く30代の小太り男子です

本ブログでは、ガジェットを中心に気になる話題やグッズ、おすすめの商品などを紹介していきます。