【Soundcore Liberty Air】最新レビュー|AirPodsよりオススメしたいコスパ最強のワイヤレスイヤホン

Soundcore Liberty Air




こんにちは、音楽好きな小太りことくまたろ(kumanet_tokyo)です。

通勤時や仕事中に音楽を聴いてる人も多いのではないでしょうか?

 

ベアたろ
通勤はともかく、仕事中はさすがにだめだろ
くまたろ
それがね、僕はインターネットの会社で働いてるから音楽聴いてても大丈夫なんだなー!
ベアたろ
なに?!音楽なんか聴いてないでちゃんと仕事しろっ!

 

仕事中の音楽はともかく、快適な音楽ライフを楽しむためにもワイヤレスイヤホンって憧れますよね。

Apple社のAirPodsやSONYのワイヤレスイヤホンなど人気の商品は多種多様です。

でも、どれも価格が高いから手を出しにくいと思ってる方も多いはず。

 

くまたろ
そんなあなたに超おすすめしたいのが「Soundcore Liberty Air」です

出典:アンカー・ジャパン株式会社プレスリリース

価格はなんと、税込7,999円!

AppleのAirPodsの約半分の価格なのに、最大20時間の連続再生とタッチパッドによる簡単操作が可能。

さらにIPX5の防水構造まで持ち合わせているコスパ最強な最新ワイヤレスイヤホンです。

 

というわけで今回の記事では、Ankerから発売されたBluetooth 5.0対応最新ワイヤレスイヤホン

Soundcore Liberty Air」のレビューをお届けします。

 

くまたろ
通勤電車で音楽を楽しみたいビジネスマンは必見だよ!

 

Soundcore Liberty Airとは?

 

Soundcore Liberty Airは、モバイルバッテリーや急速充電器で有名なAnkerが販売しているワイヤレスイヤホンです。

AnkerはGoogle出身のエンジニアが中心となって設立されたモバイル関連商品を開発・販売している会社。

 

くまたろ
どの製品もAmazonで軒並み高評価のレビューを獲得している安心のブランドだよ

 

Soundcore Liberty Airは、そんなAnkerが手掛けるオーディオブランド「Soundcore」の最新商品です。

これまでにSoundcore Liberty Lightや、Zolo Libertyなどのワイヤレスイヤホンを発売していましたが、

これまでの技術の集大成とも言えるのが今回ご紹介する「Soundcore Liberty Air」。

価格は7,999円(税込)と手を出しやすい価格なのに、高性能と良質なサウンドを楽しめるワイヤレスイヤホンです。

 

ベアたろ
細かい特徴はこの後のレビューをチェック!

 

ちなみに、本ブログでもいくつかAnker製品のレビューを掲載しているのでぜひそちらもチェックしてください。

 

 

Soundcore Liberty Airの付属品と外観

それでは早速開封していきます。

まずは箱。ドアみたいに開く感じがウキウキです。

 

くまたろ
こんなカッコいい髭男子になりたい。

 

Soundcore Liberty Air画像

本体と付属品はこんな感じ。
Anker製品はいつもシンプルで素敵です。

Soundcore Liberty Air画像

 

  1. Soundcore Liberty Air本体
  2. イヤホン充電ケース
  3. 取り替え用イヤーチップ( XS/ S/ M/ L)
  4. Micro USBケーブル
  5. 取扱説明書
  6. 18ヶ月保証書
  7. カスタマーサポート案内

※Soundcore Liberty Airには充電器が付属していません。別途充電器をご用意ください。

Ankerのおすすめ急速充電器はこちら

 

本体カラーはホワイトとブラックの2色。

私はAirPodsライクなホワイトを選択しました。

丸っこいフォルムも可愛らしく、光沢感があるので多少の傷や指紋も気になりません。

Soundcore Liberty Air画像

 

くまたろ
ブラックもかっこいいんだけど、マット加工だから手アカが気になりそうだから見送り!

 

本体への充電はこちらのMicro USBポートから。

付属のMicro USBケーブルでもいいし、より急速充電を目指したいならAnker製がおすすめです。

Soundcore Liberty Air画像

CHECKオススメUSBケーブル「Anker PowerLine+ Micro USBケーブル

ちなみにMicro USBポートの反対側は平面になっているので、本体を自立させることができます

それではパカっと開いてみましょう!

本体を開けるとBluetooth 5.0 対応のワイヤレスイヤホンが綺麗に収納されています。

Soundcore Liberty Air 画像

上から見るとこんな感じ。

Soundcore Liberty Air 画像

ワイヤレスイヤホンの頭の部分がつかみやすい大きさなので、

ケースからの出し入れは想像してたよりかなり簡単でした。

Soundcore Liberty Air 画像

ワイヤレスイヤホン本体はちょうど良い大きさ。

 

くまたろ
iPhoneの付属イヤホンよりサイズは一回り大きいけど、大きすぎるってわけでもなし!

 

Soundcore Liberty Air ブルートゥースイヤホン画像

Apple社のAirPodsと同じでどうしても耳からうどんが出ているフォルムですが、

個人的はこっちの方が扱いやすいしAirPodsライクなところが逆にチープに見えないのがいいと思います。

Soundcore Liberty Air Bluetoothイヤホン画像

ワイヤレスイヤホンの下には磁気のついた充電端子があります。

Soundcore Liberty Air 画像

充電ケースに戻すときも磁気のおかげでカチッと自然に収納されるのは気持ちよかったです。

 

Soundcore Liberty Airのサイズや重さ

写真を見ていただければわかるように、Soundcore Liberty Airはとてもコンパクトです。

Soundcore Liberty Air 画像

ポケットやカバンに入れて出かけても邪魔にならず気になりません。

 

くまたろ
僕はよくジーンズのポケットに入れて出かけちゃいます

 

イヤホンをいれた本体の重さは59g

同じくAnkerから販売されているワイヤレスイヤホンのZolo Libertyの重さは約110gなので、その半分くらいの重さです。

Soundcore Liberty Air 本体重さ画像

Ankerから販売されている急速充電器Anker PowerPort II – 2 PowerIQと比べるとこんな感じ。

Soundcore Liberty Air 大きさ比較画像

Anker PowerPort II – 2 PowerIQのサイズは約5cm×5cmの正方形ですが、それとほぼ変わらないくらいの大きさです。

Ankerが販売しているZolo LibertyやSoundcore Liberty Liteは横長のメガネケースみたいなフォルムでしたが、

Soundcore Liberty Airは手に馴染むコンパクトなケースでとても可愛い印象ですね。

 

ベアたろ
AirPodsをもっていない君のために知り合いから借りてきたぞ
くまたろ
え!ありがとう!AirPodsと比較するとどんな感じ?

 

AirPodsのイヤホン込みの本体重量は約48gなので、悔しいですがSoundcore Liberty Air よりも小さいサイズ。

Soundcore Liberty Air とAirPods比較画像

ワイヤレスイヤホンに関しては、Soundcore Liberty AirのほうがAirPodsに比べてドライバーが一回り大きい印象です。

Soundcore Liberty Air 画像

一回り大きいとはいえ、Ankerが発売しているZolo Liberty などと比較すると格段にコンパクトになっているの、そんなに気にしなくてもいいかもですね。

 

スマホとのペアリング&リセット方法

Soundcore Liberty Air ペアリング画像

それではスマホとペアリングしていきます。

方法は非常にシンプルなのでもはや説明がいらないのではないかと思いますが、まずはこちらの動画をチェックして下さい。

ペアリング手順

  1. 本体を充電する
  2. ケースからイヤホンを取り出す
  3. スマホのBluetoothをONにする
  4. スマホの設定画面にでてくる「Soundcore Liberty Air」をタッチする

 

ベアたろ
たったこれだけ!?めっちゃ簡単!

念のため実際にやっているところを載せておきますね。

まずは充電したケースからワイヤレスイヤホンをとりだし、イヤホン先端のライトが点滅し始めるのを確認します。

次に、スマホのBluetooth設定画面のその他のデバイスのところに「Soundcore Liberty Air」の表示が出るのを待ちます。

こんな感じ。

Soundcore Liberty Air 画像

Soundcore Liberty Air」をタッチしてペアリングすれば完了です。

 

正常にペアリングされました。

もし、ペアリングがうまくいかなかったりBluetooth接続をリセットしたい場合はこちらの動画をみてやってみて下さい。

Soundcore Liberty Airのココが凄い!

おしゃれな見た目がとても魅力的なSoundcore Liberty Airですが、注目すべきポイントはそれだけじゃありません!

この記事を読んでくれているあなたに、是非知ってもらいたいSoundcore Liberty Airの魅力をまとめてみました。

 

くまたろ
Soundcore Liberty Airは安いだけのワイヤレスイヤホンじゃないよ!

 

高品質な音を作り出すグラフェンを採用

出典:アンカー・ジャパン株式会社プレスリリース

グラフェンとは炭素素材のひとつで、熱伝導率や電気伝導率が非常に高く、ダイアモンドよりも硬い物質といわれています

Soundcore Liberty Airは、そのグラフェンをイヤホンの音(振動)を作り出す部分であるドライバーユニットに使用しています。

 

ベアたろ
ドライバーユニットにグラフェンを使うことで、なにが良いんだ?
くまたろ
高音質と呼ばれている音には、正確な振動が必要なのね。

振動はドライバーユニットで作られるんだけど、グラフェンはその正確な振動をつくるために一役買ってるんだよ!

ベアたろ
ほう、つまりグラフェンがあることで高音質が作られるってことか。
くまたろ
そう!その通り!

 

最近ではグラフェンをドライバーユニットの振動版に使っているワイヤレスイヤホンは多くなってきましたが、

Soundcore Liberty Airは低価格なワイヤレスイヤホンなのに、そういった最新の技術がつまっているのも魅力です。

充電ケースがあるからバッテリー切れの心配なし

出典:アンカー・ジャパン株式会社プレスリリース

Soundcore Liberty Airは、約2時間ほどの充電でイヤホン単体なら最大5時間も連続再生ができます。

また、毎日つかってみてその重要さを実感するのが充電ケース。

充電ケースも一度充電しておけば、最大で20時間も使用することができます。

 

くまたろ
充電ケースのおかげで毎日使用しても充電切れで困ったことはありません

 

充電ケースには3つのLEDインジケーターが付いていて残バッテリー量を確認できます。

Soundcore Liberty Air画像

開封直後はバッテリーが少ないので、満充電になるまで充電しましょう!

 

バッテリー残量の見方

  • 1つのLEDが点灯:30%未満の残量
  • 2つのLEDが点灯:30~70%未満の残量
  • 3つのLEDが点灯:70%以上の残量

 

いざ使おうと思ったら、まさかのバッテリー切れ…。

なんていう悲劇から解放されるだけでも価値があると思います。

 

くまたろ
僕の場合はだいたい1.5週間に一度充電するくらいで、毎日数時間は使えちゃってます

 

どうしても充電ケースって大きくなりがちですが、Soundcore Liberty Airならコンパクトで持ち運びも安心です。

タッチ操作で曲の再生・スキップも簡単

出典:アンカー・ジャパン株式会社プレスリリース

Soundcore Liberty Airには、両耳のイヤホンにタッチパッドが付いています

【音楽再生】
右側イヤホンを2回タップ 再生/一時停止
右側イヤホンを2秒間長押し 曲スキップ
左側イヤホンを2秒間長押し 曲戻し
左側イヤホンを2回タップ Siri、Googleアシスタント起動
【通話】
右側イヤホンを2回タップ 電話に出る/通話終了
右側イヤホンを2秒間長押し  着信拒否

音量の調整はスマホやスマートウォッチからしなくてはいけませんが、いちいちスマホを出さないで操作できるのはとても楽ですよ。

IPX5で防水機能もバッチリ

Soundcore Liberty Airは、ある程度の雨や運動時の汗も心配せずに使えるIPX5の防水規格

ワイヤレスイヤホンを付けてランニングや、ジムでワークアウトをする人も多いのではないでしょうか。

 

くまたろ
シャワーやプールといった完全に浸水する場面では使用できませんが、少し水や汗がかかる程度であれば気にせず使えます!

 

またイヤホン自体もしっかりと耳にフィットするので、ランニング時に使用しても全く落ちる心配ないでしょう

音楽を楽しみながら体を動かしたい人にはピッタリのイヤホンですよ。

最適なイヤーチップを選べる

Soundcore Liberty Airには、はじめからイヤホン本体についてるものを含めて計4種類のイヤーチップが付いています。

XS / S / M / Lの4つのサイズがあるので、自分の耳にあったイヤーチップを選びましょう。

Soundcore Liberty Air 画像

イヤーチップは少し力をいれて引っ張れば取れるので、交換も非常に簡単です。

Soundcore Liberty Air 画像

どうしてもイヤーチップ部分は汚れてしまうので、こうやって簡単に取り外して清潔にできるのもいいですね。

 

Soundcore Liberty Airの音質は予想外にいい!

気になる音質についてあくまでも個人的な感想をお伝えすると…

 

くまたろ
期待よりも【かなり良かった】です!

 

僕は絶対にハイレゾじゃなきゃダメ!とか家に100万以上の音響システムがある、なんていう音質オタクではありませんが、

通勤時や仕事中などに、好きな音楽を嗜む程度としては十分な音質と言えるでしょう。

 

くまたろ
特にQueenを聞いた時は音の広がりには驚いたよ

 

低音がしっかり出ていて、裏で鳴っている細かい音もしっかり聞こえてきます。

 

ベアたろ
こりゃiPhone付属のイヤホンとはもちろん比にならない音質だな

 

もちろん音質は個人的な好みの部分なので一概に言えませんが、

この価格帯で繊細な音もヘビーな低音も楽しめるのは高コスパと言えるでしょう。

 

ベアたろ
音漏れはどうなの?
くまたろ
電車でわりと大きめの音量でロック聴いて、奥さんに音漏れチェックしてもらったよ
ベアたろ
安いから音漏れはしちゃうでしょ?
くまたろ
それがね、耳をかなり近く寄せても聞こえてこなかったって!少なくとも電車内では全く問題なかった!

 

エレベーターなどかなり静かなところだとある程度音漏れしちゃいそうですが、

普段の生活であれば音量を上げても音漏れを気にせずに音楽を楽しめると思います。

 

ベアたろ
電車で睨まれることはないってことな、それ大事!

 

【まとめ】通勤時のイヤホンはSoundcore Liberty Airで決まり!

Soundcore Liberty Air 画像

今回の記事では、税込7,999円の低価格で高音質なワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air」の魅力をお伝えしました。

音楽はもちろん楽しめますが、Amazonビデオでバラエティや映画を楽しんだり

ポッドキャストやラジオももちろん聞くことができます。

これまで有線イヤホンしか使ったことない人にこそ是非、この機会にぜひワイヤレスイヤホンを試していただきたいです。

 

ベアたろ
服や物に引っかかるあの有線イヤホンのストレス!あれから解放されるのは本当に気持ち良いね

 

あなたもSoundcore Liberty Airで通勤時間を豊かにしてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

ノマド好きなら持っておきたいモバイルバッテリー

【レビュー】Anker PowerCore II 10000|持ち運びに最適なモバイルバッテリーはこれだ!

【レビュー】Anker PowerCore II 10000|持ち運びに最適なモバイルバッテリーはこれだ!

11/26/2018

デスク周りをアップデートしよう!

【2019年版】自宅のデスク環境を快適にするオススメの便利グッズ15選

【2019年版】自宅のデスク環境を快適にするオススメの便利グッズ15選

10/22/2018

4Kの映像を楽しみたいならFire TV Stick 4K

【レビュー】4K映像を体感できる!AmazonからFire TV Stick 4Kが6,980円で発売

【開封レビュー】4K映像を体感できる!AmazonからFire TV Stick 4Kが6,980円で発売

12/16/2018
amazonギフト券でお得にお買い物

amazonでお得にお買い物する方法 Amazonでお買い物するのなら、「Amazonギフト券」にお金をチャージ(入金)して購入するのがオススメ!

ギフト券をチャージするたびに、チャージした額 × 最大2.5%のAmazonポイントが貯まります。

Amazonを利用してお買い物をするなら、間違いなくお得ですよ!

\TRY NOW/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

くまたろ

CM制作会社・ゲーム系スタートアップを経験し、大手IT企業に転職。広告ITプランナーとして働く30代の小太り男子です

本ブログでは、ガジェットを中心に気になる話題やグッズ、おすすめの商品などを紹介していきます。